ホワイトデー♥

| コメント(0) | トラックバック(0)

早いもので、今年ももう二か月が過ぎようとしています。

バレンタインももう一週間も前のこと。次にやってくるイベントといえば、そうホワイトデーです。

 

ご存じの方も多いと思いますが、ホワイトデーというイベントがあるのは日本を中心に、

韓国などアジアの一部の地域だけです。ネットで調べてみると、ホワイトデーの始まりは以下の通り↓

1978年に全国飴菓子工業組合がバレンタインデーのひと月あとの3月14日をキャンディーをお返しする日と決めたことと、

老舗の和菓子屋さんが女性雑誌の投稿をヒントに「マシュマロデー」として発案したのが最初になります。

まんまとお菓子会社の策略にはまってしまったのかと思うと、少しがっかりですが、

バレンタインデーに心のこもったプレゼントをもらったお返しをきちんとするというところが日本らしい気もします。

 

チューリップ✿

ツッコミ文化

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し前ですが、とある国の外国人の男友達が遊びに来ました。
来日していた時にたまたま飲み会があったので、彼を連れて行きました。
その飲み会はお好み焼き屋さんで行われ、中学生、小学生の子供とそのお父さんといった親子で参加している人、私と同年代ぐらいの人たちなど色々な年代の人がいました。

そんな中、30代の男性が
中学生に向かって「お前、ちゃんと勉強してるのか?」と問いかけると、その子のお父さんが、「もっと○○君から言ってくれよ、うちのバカ息子、全然勉強しねぇんだ。」と良くある光景にその外国人が驚いていました。

「自分の息子を『バカ息子』だなんて…」
確かに良い表現ではないかもしれませんが、日本では良くある光景かもしれません。

他に驚いていた出来事といえば、その子供たちに向かってツッコミで頭を叩く行為です。

「親の見ている前で、頭を叩くなんて…それを親が見て笑ってるなんて…」

もちろん本気では叩いてませんし、日本文化(?)の『ツッコミ』です。
その外国人もツッコミを理解していたようなのですが、まさか親の見ている前でやる行為とは思ってもいなかったようです。

帰りの道中に「自分の子供をバカだなんて思っている親はいないよ。本気で頭を叩いている人はいないよ。ジョークだよ。」など、日本文化を説明した私ですが、「日本人はジョークが通じるのか、通じないのか難しいね〜」と言われてしまいました。

うーん、説明が難しい。

松ぼっくり

 

 

先日、ニュージーランドに行ってきました。

現在、南半球のニュージーランドは夏ですが、山に星空を見に行く予定だったので、念のためホッカイロを持参しました。

 

さて、日本に帰国する日の朝。

とても寒かったので、ホッカイロをフリースのポケットの中に入れて空港に向かいました。

荷物検査のところで、探知機のようなものにフリースが通されたところ、うっかりポケットにいれたままだったホッカイロが発見されてしまいました。

係員の女性が熱いほどのカイロを両手ではさみ、不思議そうに「Whats this?」と聞いてきました。

冬でも日本ほど寒くはならないニュージーランドでは、ホッカイロというものは売っていないらしく、みんな初めて見た様子です。

周りにいた他のスタッフの人たちも寄ってきて、代わりばんこにさわっていました。

 

私もすっかり調子に乗ってしまい、まだ開封していないカイロをバックから出して、こんな感じで売ってるんだよと見せていましたら、上司のような人がつかつかとやって来て、「これは危険物だから没収します。」と一言。

 

その後、危険物没収の書類にサインまでさせられ、開封していないカイロも一緒に没収されてしまいました。

皆さんも暖かい地域にホッカイロを持っていく時は、ご注意ください!

 

たんぽぽ

 

 

 

カナダVIA鉄道の旅

| コメント(0) | トラックバック(0)

6年前、私はカナダのバンクーバーに半年ほど滞在していました。

そして、6年前のちょうど今頃、友達と2人で鉄道の旅に出よう!と言う話になり、バンクーバーから東に延びているVIA鉄道を使って、エドモントンまで行くことにしました。

バンクーバーを夕方出発し、途中カナディアンロッキーにあるジャスパーと言う町で1‐2時間停車し、23時間かけて翌日の夕方エドモントンに到着する予定でした。

出発は至って順調でした。しかし、出発して7−8時間ほど経った頃でしょうか、真夜中にいきなり電車が止まりました。それから何のアナウンスもなく1時間が過ぎ、2時間が過ぎ…一体いつまで止まっているのだろうと思いながら気がつくと朝の5時。まだ止まっていました。

明るくなり始めた頃、ようやく出発したのですが、その間一切アナウンスはありませんでした。

結局、ジャスパーでの休憩もなく、エドモントンに到着したのは、翌日の夜11時近く。23時間の予定が27時間かかってしまいました。

とは言え、冬のロッキーを車窓から堪能し、ゆっくりとした時を過ごすことができました。

帰りはと言うと、エドモントンからバンクーバーまで飛行機で。所要時間、1時間でした。

 

どんぐり

広島

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日土日休みを使い広島に行ってきました。

ず〜っと行きたかった宮島の厳島神社に行き、大好きなお好み焼きをたらふく食べてまいりました。

想像以上に広島はGlobalな観光地のようで、駅:宮島・平和記念公園・博物館・広島城など、いたるところでとても充実した内容の無料パンフレットが置いてあり、ほとんどが日本語・英語・フランス語・ドイツ語・中国語・韓国語などがそろっていました。

どのパンフレットもとても質の良い無料にしては経費のかかっているパンフレットで、つい欲張りな私は、のちのち勉強材料にでもしようかと、英語・フランス語・日本語のパンプレットをいたるところから持って帰ってきました。(たまに肝心の日本語版がなく、答え合わせに困りましたが・・・)

勿論、外国人観光客も多く、町の美しさと設備の良さ、美味しさに感動しながら私も海外旅行者気分で気持ちよく観光していましたが、パワースポットと呼ばれるかの厳島神社のおみくじで「凶」を引きました。(ちなみに去年の初詣「浅草寺」でも凶を引きました・・)

ともあれ、原爆の被災地として世界的に知られている広島のは、厳島神社だけでなく広島市内全体がパワースポットのようにも感じられ、国境を越えて各国の観光客が広島の地で本当の平和の大切さを実感し、心が洗われ無になれるような本当に素敵な場所でした。

ぽとす

<<前のページへ 345678910111213