ロスの友人

| コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ人の友人がいます。

彼女とは、もう10年来の付き合いで、最近はそんなに頻繁にはmailなどしていないのですが、震災のときも、心配だから一言だけmailで返事してね、という連絡が入りました。お互い気心が知れた仲です、大丈夫だよ、と、返事だけしたら、興味本意で根ほり葉ほり状況を聞いてこないような思いやりのあるところが、私が彼女を信頼している一番の理由です。

彼女の誕生日が6月末です。
毎年、Birthday cardとChristmas cardは自分の近況も伝えるために必ず送っており、今年もそろそろ用意をしようと思います。

久しぶり、元気? 音楽聞いてる?

短いコメントのcardでも、お互いのことを気にしているよ、という便りが届くと嬉しいものです。ずっと歳を取るまで、この関係が続けば嬉しいな、と思います。

へちま

梅雨の季節

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日九州のほうでは例年より20日も早く梅雨入りしたそうです。

四季のある日本でも湿気の多い季節となりますが、このhumidityが苦手な外国の方も多いようです。

かくいう私もくせっ毛なので、この時期はボンバーヘアになるのですが・・・。

 

ところで「梅雨」って、どうして梅の文字を使うのだろう?と思い検索してみると、諸説あるのですね。

梅の花が咲く時期に雨が降るから、という説もあれば、黴(カビ)が発生する時期に降る雨で「黴雨(つゆ)」と呼んでいたが、それではあまりに語感が悪いので代わりに「梅」の文字を使用するようになった、といった説もあるようです。

 

この時期は紫陽花もきれいですし、悪いことばかりではありませんね。

 

すみれ

 

食文化

| コメント(0) | トラックバック(0)

海外で日本食を食べたことありますか?

 

国によって、違うかもしれませんが、味は・・・どうでしょうか・・

 

特に寿司は世界中どこでもある日本の代表的な食べ物です。

最近では海外でも回転寿司が増えており、特に香港の会社が経営する寿司屋が最近、巷では有名ですね。

 

以前、アメリカの寿司屋に入ったことがあるのですが、日本にはないような握り寿司や手巻き寿司がありました。

またチップのせいもあるかもしれませんが、値段が高かった印象です。

それよりも驚いたのが、日本茶もしっかり料金を取られていました。これもまたドリンク扱いでしょうか。。。

 

この様なお茶などの日本の無料サービスと同じように韓国人旅行者が驚くのは日本の焼肉屋のキムチでしょうか?

韓国に旅行に行った際、レストランではキムチなどの付け合せが無料でたくさん出てきたのは驚きました。

 

これは日本にも取り入れてもらいたいものです()

 

松ぼっくり

こんにちは。へちまです。通訳部ブログ初登場です。

今日はクリスマスイブです。

出勤途中の電車の中でも、この女性は会社帰りにきっとpartyやデートの約束があるのかな、とわかるような、ちょっとだけおしゃれなワンピースを着て、プレゼントの包みを持った人を何人も見かけました。今朝たまたま付けたTV番組でも、クリスマスソングを歌う子供たちの映像で、気分を盛り上げてくれていました。

クリスマスソングと言えば私は確かモータウンから出ていたジャクソンズのクリスマスソングalbumが大好きで、中学のころだったか、英語の歌詞を必死で暗記して、お風呂の中やトイレの中でまで歌っていたのを思い出します。せっかく覚えた英語の歌ですが、クリスマスが終わると大声で歌えないため、歌い始めてはっと気が付き鼻歌レベルに戻したりしたものです。

それぞれにクリスマスの思い出はあると思います。みなさん、ことしも素敵な時間をすごせますように。

 

へちま

海外に行ったら

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

 

海外に行ったら、民族衣装を作ることをお勧めします。

その国の気候に合った素材やデザインで作られているので、

暑い国ではとても涼しいですし、現地の人にまぎれることもできます。

もし日本人だとわかっても、とても喜んでくれます。

 

ベトナムに行った時は、到着後すぐにアオザイを作りました。

アオザイは一見、細身に見えますが、身長やスリーサイズ以外にも首回りや二の腕、足首など、

体の20箇所以上をきちんと図って、その人にフィットしたものをつくりますので、

パツパツになる部分がなく、とても痩せて見えます。

また、ウエストあたりから長く伸びていますので、腰回りも隠れ、

足が太くても見えないところがすごく良かったです。

 

ただ、現地で素敵にみえた衣装も、日本に帰ってきてみると何となく色あせて見えるので、

やっぱり民族衣装はその国でこそ輝けるのだ!と思いました。

 

 

今、一番着てみたいのは、インドのサリーです。

インドは、少しお腹が出ていた方が魅力的なようなので、私にも着れそうです・・。

 

 

たんぽぽ

 

 

<<前のページへ 1234567891011