2010年12月アーカイブ

こんにちは。へちまです。通訳部ブログ初登場です。

今日はクリスマスイブです。

出勤途中の電車の中でも、この女性は会社帰りにきっとpartyやデートの約束があるのかな、とわかるような、ちょっとだけおしゃれなワンピースを着て、プレゼントの包みを持った人を何人も見かけました。今朝たまたま付けたTV番組でも、クリスマスソングを歌う子供たちの映像で、気分を盛り上げてくれていました。

クリスマスソングと言えば私は確かモータウンから出ていたジャクソンズのクリスマスソングalbumが大好きで、中学のころだったか、英語の歌詞を必死で暗記して、お風呂の中やトイレの中でまで歌っていたのを思い出します。せっかく覚えた英語の歌ですが、クリスマスが終わると大声で歌えないため、歌い始めてはっと気が付き鼻歌レベルに戻したりしたものです。

それぞれにクリスマスの思い出はあると思います。みなさん、ことしも素敵な時間をすごせますように。

 

へちま

海外に行ったら

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

 

海外に行ったら、民族衣装を作ることをお勧めします。

その国の気候に合った素材やデザインで作られているので、

暑い国ではとても涼しいですし、現地の人にまぎれることもできます。

もし日本人だとわかっても、とても喜んでくれます。

 

ベトナムに行った時は、到着後すぐにアオザイを作りました。

アオザイは一見、細身に見えますが、身長やスリーサイズ以外にも首回りや二の腕、足首など、

体の20箇所以上をきちんと図って、その人にフィットしたものをつくりますので、

パツパツになる部分がなく、とても痩せて見えます。

また、ウエストあたりから長く伸びていますので、腰回りも隠れ、

足が太くても見えないところがすごく良かったです。

 

ただ、現地で素敵にみえた衣装も、日本に帰ってきてみると何となく色あせて見えるので、

やっぱり民族衣装はその国でこそ輝けるのだ!と思いました。

 

 

今、一番着てみたいのは、インドのサリーです。

インドは、少しお腹が出ていた方が魅力的なようなので、私にも着れそうです・・。

 

 

たんぽぽ

 

 

オフィスにもみの木が届きました。

今年は私を含めた、新入社員2人で飾り付けをしました。

もうすぐクリスマスですね。

 

今まで、クリスマス当日よりクリスマスイブの方が世間的に盛り上がりを見せているのはなぜだろうと思っていましたが、ちゃんとした理由があるようです。

 

クリスマスイブのことを単にクリスマス前日と考えていたのですが、クリスマスイブの”イブ”はイブニングの略、つまりクリスマスイブは「クリスマスの夜」という意味だそうです。そして、クリスマスは12月24日の日没から12月25日の日没までになり、そのイブニングが最も神聖であるとのことです。

 

知らなかったのは、私だけでしょうか。。。。

 

まりも

1

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2011年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。