2009年5月アーカイブ

日本でコーヒーショップへ行くと、ミルクとお砂糖は自分で入れますね。

知っている方も多いと思いますが、欧米ではコーヒーをオーダーするときに、砂糖とミルクの希望も

伝えます。そうすると、お店の人がお砂糖、ミルクを入れてくれます。

 

実は私、カナダへワーキングホリデーに行ったとき、このことを知りませんでした!

自分の前にオーダーする人が皆、’コーヒーダボダボ’と言ってるじゃありませんか・・。

いったい何なのかと思い、自分も’Coffee please’といってみたところ、’Sugar? milk?’と聞かれました。

どうやって答えたら良いのかわからず、ひとまず'No, Thank you.'と答えてみました。

後でカナダ人の友達に確認したところ、日本と同じようにスプーンで何杯入れてほしいか伝えればいいんですね!

そう、コーヒーダボダボ=Coffee double doubleだったんです・・。

ちなみにスプーン3杯ならtriple tripleです。これが’チョポチョポ’と聞こえて面白い。

 

それにしても、コーヒーに砂糖、ミルク三杯ずつ入れるってすごいです。

 

チューリップ

一石三鳥

| コメント(0) | トラックバック(0)

 フランス語・イタリア語・スペイン語を同時に学べる!まさしく一石三鳥の本を持っています。

友達にこの本の存在を教えてもらい、ヨーロッパに旅行した時に少しでも現地の言葉が使えればな〜と思い、勢いで買ってしまいました。

本を読むと3ヶ国語は本当に似ていて、言葉だけに焦点があたっているにも関わらず、そこから想像が膨らみ、電車の中で「ほ〜、なるほど」、「フムフム」と関心しながら楽しんでいました。結果的には学習というより、正にただの読書でした(笑)。

学生時代はどうやって教科書を読み学んでいたのか。。。すっかり学習の仕方を忘れた自分にがっかりです。

ただ、せっかく買った本なので一度は読書のように楽しみ、2度目から本腰を入れ、目標の旅行で使える程度は学びたいと思います。そのからまた次のステップに繋がればいいのですが。

語学は奥深いもの。とりあえず最初は欲張らず。一石一鳥(ひよこ)から狙います。

 

ポトス

 

 

 

 

欧米の方から見ると、日本語と中国語はどちらも漢字を使うので、似ている言語と思われがちです。

 

しかし、逆に漢字が通訳をする際のネックになることがあると中国語の会議通訳者より話を伺ったことがあります。

 

特にそれは人名に現れてくるようで、

 

例えば、麻生太郎を英語に訳す時、

 

Taro Aso

 

と姓と名を反対にすれば通じますが、中国では通常、

 

マーション(麻生)・タイラン(太郎)

 

と中国語読みをされているため、Taro Asoでは通じないことがあるらしいのです。

 

そのため、会議に出てくる人名は、事前に中国語読みを調べておくことが必須ということでした。

 

そういえば中国のニュースが流れるとき、

 

奥林匹克(オリンピック)

麦当労(マクドナルド)

ケンタッキーフライドチキン(肯徳基)

 

と中国語表記を目にすることがあります。

 

言われてみるとそう読めないでもありませんが、

 

日本語から中国語にするとなると、事前に調べていなければ予想もつきません。

 

欧米人と中国人と日本人の3者での会議を想像すると、

 

麻生太郎にしたり、Taro Asoにしたり、マーション・タイランにしたり、

 

それだけで頭がフル回転になりそうです!

 

タンポポ

 

 

 

 

 

 

 

攻略本

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、本屋をブラブラしておりましたら『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』という本を目にしました。

気になるタイトルでしたので軽く立ち読みをしていましたら意外と面白かったのでついつい買ってしまいました。

読み始めた最初は「はぁ〜実際はこんな風に聞こえるんだ・・」や「この表現使おう!」と思っていました。

が、そんなある日、外国人と英語で話す機会がありました。ビジネスでもなく友達のコミュニケーションなので気を使う必要はなかったのですが、ふと『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』を思い出した途端に言葉を選んでいる自分に気付き、なかなか言葉が出てこなくなってしまいました。

ただでさえ、英語が話せないのに尚更です・・今までは文法が間違っていようが単語が間違っていようが気にしなくグイグイいっていた私ですが、これを気にするあまり勢いがなくなってしまいました。

本も色々だと思います。参考程度に読む分には良いかもしれませんが攻略しようと思うのは難しいですね。。また一つ勉強になりました。

 

松ぼっくり

はじめまして。こんにちは。
この度、テンナイン・コミュニケーションの縁の下のプチ力持ち達が社内通訳・翻訳、英文事務、バ
イリンガルセクレタリー等、社内の英語での業務に特化したホームページを立ち上げることとなりま
した。

今回は第1回目ですので、このホームページに込めた思いをお伝えしたいと思います。

今まで英語に触れたことのない人はいないと思いますが、大好き!という人も少ないのではないで
しょうか。
それでも、社内で日々英語を必要な方々はたくさんいらっしゃり、困っている方もいらっしゃること
と思います。
それに対して、「英語で生きていきたい!」と思っている人もたくさんいらっしゃいます。
そのような人たちの橋渡しができればと思い、こちらのサイトを立ち上げました。

そして、微力ながら、そんな皆さんのことを陰で支えることができたら幸せだと思い、縁の下の力持
ちになることを決意しました。
これから、縁の下の力持ち予備軍により、こちらのブログを通して、皆さんにメッセージを伝えてい
きたいと思います。

そんな私たちを末永くよろしくお願いいたします。

 

どんぐり

1

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。